紹介する | 編集の求人は情報誌から【編集マンへの近道】

紹介する

企画の立案など

転職などをしたいと考えている場合には、求人誌を参考にするという時が多くなります。
しかし、最近では雑誌タイプの求人誌よりも、インターネットで検索するということも多くなってきています。
わざわざコンビ二などで取って来なくても、検索すればすぐにリサーチが出来るのです。
また、雑誌は1週間経てば、情報が古くなってしまい必要がなくなります。
しかし、インターネットサイトで検索した求人情報は、毎回新しい求人情報が更新されています。
そのため、求人が終わったという会社は編集されリストから消されるのです。
雑誌タイプの求人誌でよくある、電話した後に求人募集が終わったということが少なくなるのです。
そのため、効率良く求人情報をリサーチしたいといった場合には、インターネットサイトを利用して検索してみることも良いでしょう。

本を作るという過程で、まず行なうことというのは企画の立案になります。
今どんな本が注目されているのか、どんな本を出版すれば売れるのかなど、書店の状況などを把握しなければなりません。
編集のお仕事をするという時には、自分にとっての読者目線だけではなく、色々な読者の目線に立つ必要があるのです。
また、企画を出すという時にはターゲットを絞る必要があります。
本を編集するという時には、読者の目線に立つことも必要ですが、自分の年齢と遠い世代の読者の気持ちを考えることは難しくなります。
しかし、自分の子供や両親、祖父や祖母の生活の状況を考えて編集しているという編集者もいるのです。
編集の仕事というのは、自分の経験だけではなく、周りの状況を把握して仕事に取り入れることが必要になります。
そのため、視野が広くなるといったメリットがあるのです。