自分に合う | 編集の求人は情報誌から【編集マンへの近道】

自分に合う

雑誌タイプのもの

職業を探すという時には、コンビニやスーパーに置いてある無料のフリーペーパーを参考にするという人が多くなります。
これは、だいたい一週間に一度更新されたものが置いてあります。
そのため、新しい求人情報をすぐに見ることができます。
そして、雑誌タイプの求人誌の良いところは、良いと思った求人情報には丸印やバツ印、メモなどを直接書けるといったところにあります。
なので、良いと思った場所に電話を書けて、そのまま求人誌に面接の日程などのメモを取るということも出来ます。
また、自分が良いと思ったところを折り曲げておくということも出来ますので、次また見たいといった時に探しやすくなるのです。
そして、写真付の求人なども多くありますので、職場の雰囲気が分かりやすく載っています。
文字だけでは分からない雰囲気が写真から伝わってきますので、自分が働いた姿などもイメージしやすくなります。

仕事内容について

編集の仕事というのは、色々な仕事を経験できます。
担当で分かれている場合もあれば、一冊の製本に掛かる全ての制作過程に関わるということもあります。
これは、出版社や編集社によってやり方が変わりますので、自分で探してみるようにしましょう。
例えば製本を一冊出版するという時には、雑誌や単行本の場合などでも違ってきますが、企画や取材撮影、執筆などを行なうことは当然です。
一冊の本の中に載せる文章や絵、写真などが揃ってきた場合には、いよいよ編集という形になります。
しかし、編集の作業が終わっても、細かい修正や編集が残っていることもあります。
ひとつの製本を作るという時には、色々な手間がかかっているのです。